ジャズ漫画『BLUE GIANT』を実写化もあり得る!?【キャスト予想】

2021年12月24日タイトル

ジャズ漫画『BLUE GIANT』を実写化もあり得る!?【キャスト予想】

こんにちは、Kas’s Blog管理人のKasです。

2022年に、大人気ジャズ漫画『BLUE GIANT』のアニメーション映画化が発表されました。
(公式ページはこちら

原作ファンとしては、本当に待望の映像化で、今から待ち遠しいです!

そして、このアニメーション映画化がきっかけで、
実写化もあり得るのではないかなと思っています。

「のだめカンタービレ」しかり、クラシックなどの音楽を用いたドラマや映画も
十分に実写化可能だと思います。

そこで、今回は、原作ファンであるわたくしが、
勝手に「実写化するならこの人達が良いな。」
と思う俳優さんたちを挙げさせていただきます。

みなさんの予想もぜひ教えていただきたいので、
「このキャラをこの俳優だろ!にわかが!」
というコメントをどしどし送ってください笑

スポンサーリンク

主要キャラ

主人公 宮本大は【重岡大毅】

ジャズが大好きで真っすぐ熱い男 主人公 宮本大を演じてほしいのは、
ジャニーズWEST所属の【重岡大毅】さんです。

主人公の大は、初めてのライブでお客さんから
「うるさいんだよ!」と怒鳴られ貶されようとも
「へでもねぇや!」と前向きに笑顔でサックスを練習し続けられる、
本当にピュアで誠実な青年です。

重岡大毅さんが出演されていた、TBSドラマ「家族募集します」の役柄を見て、
「大を演じるならこの人しかいない!」と思いました。

屈託のない笑顔と、ストイックに音楽や演技に向き合う姿勢も、
非常に大と被る印象です。

なにより、実写化で一番ネックとなりそうな演奏シーンでも、
重岡さんならしっかりサックスの練習をして、完璧にこなしてくれそうだと思い、
この配役にする結論となりました。

沢辺雪祈は【間宮祥太朗】

大が東京で出会った天才ピアニスト 沢辺雪祈は【間宮祥太朗】さんです。

雪祈は、最初とっつき難い印象がありましたが、
ジャズに真剣に向き合う大や、必死に食らいついてくる玉田に、
徐々に心を開いていき、メンバーのために自身も陰ながら努力する熱い男です。

そんな雪祈のイメージとぴったり合うのは間宮祥太朗さんです。

コミカルな役もシリアスな役も、自在に演じきれる演技力と、
鋭い目つきに秘めた優しさが表現できる俳優さんなので、
実写化するならこの人かなと思いました。

玉田俊二は【矢本悠馬】

遅咲きのドラマー玉田俊二を演じてほしいのは、【矢本悠馬】さんです。

玉田は、大や雪祈のひたむきに夢へ向かって突き進む姿に憧れを抱き、
自分もそんな風になりたいとドラムを始め、誰よりも練習する努力家な一面を持っています。

圧倒的な音が出せる大や、天才雪祈と比べてしまうと普通の青年ですが、
それを自覚し、それでも自分も2人と一緒の舞台に立ちたいと努力し続ける姿に、
感動したファンは大勢いるのではないでしょうか。

そんな『普通の青年』を演じてほしいのは、矢本悠馬さん。

ちょっと見た目が個性的すぎるかなぁ。。とも思いましたが、
玉田には明るく、少しだけコミカルな印象がありますので、
矢本悠馬さんが適役なのではと考えています。

そのほか映像化に不可欠なキャラクター達の配役

師匠 由井は【光石研】

大のサックスの師匠 由井は、【光石研】さんです。

由井は、普段はやる気なさそうに見えるのですが、
大のサックスの才能を認め、自分には成れなかった世界で活躍するサックスプレイヤーに
心の底からなって欲しいし、そうなるだろうと確信している、優しいキャラクターです。

光石さんは、家族想いの優しいお父さんから、厳格なコーチ役、狂気を感じてしまうほどの憎まれ役など、本当に幅広い演技力が魅力の俳優さんです。

由井の、優しいが故の厳しい指導や、大に対して内に秘めている期待感などを表現できるのは、
光石研ではないでしょうか。

数少ないヒロイン(?)三輪さんだけは難しい。。。笑

原作コミックに、あまりヒロイン的役割のキャラクターはいないのですが、
強いて言うなら三輪さんだろう。ということで、配役を考えたのですが、、、

このキャラクターには、
大と同じくらいの年齢で、スポーツ少女で、すこしだけお姉さん気質
というイメージを持っているので、そのイメージに合う女優さんとなると・・・

誰だろう笑

谷村美月さん?
いやでもちょっとスポーツな印象ないなぁ。

有村架純さん?
いやーちょっとちがうなぁ。。。

無理やり上げるなら、若い時の【上戸彩】さん!ということで!笑

宮本家 父・兄・妹

原作ファンとしては外せないのは、主人公大の家族の存在です。

大のことを信頼し、夢に向かって歩き出す後押しをした父と
弟のために、楽器屋で一番高いサックスをローンで購入してくれた兄、
そして、大好きな大が東京に行ってしまい、甘えさせてくれる存在がいなくなってしまった幼い妹

全員魅力的で、ストーリーに深みを出してくれる素敵なキャラクター達です。

そんな家族を演じる俳優さんたちを、一気に予想してみます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

皆さんのイメージにも、合っていますでしょうか?

冒頭にも書きましたが、
「この配役はこの俳優が良い!」とか「いやいやこの俳優はないでしょ」とか
ご意見等があれば、ぜひ、コメントを書いてください!

また、アニメーション映画化についての予想記事も書いていますので、
そちらの記事も、ぜひ読んでみてください。
>> 記事はこちら

原作も非常におススメなので、まだ読んでいないという方は、
Amazonのリンクを貼っておきますので、よければ読んでみてください。
>> Amazonの商品リンクはこちら

それでは、また。

コメント

  1. 宮川 より:

    はじめまして。
    個人的な意見ですが主人公の宮本大は前田郷敦さんが良いと思います。
    彼はバスケもされていたようですし
    サックスのソリストを目指していた方です。是非彼の宮本大を観てみたいです。

    • Kas Kas より:

      わーコメントありがとうございます!!
      気づくの遅れちゃいました、、、すいません。。

      眞栄田郷敦さん調べました!
      サックスもやっててバスケ少年って、、まんま大じゃないですか!笑
      実写化って、演技の他にバックボーンも共通点あると厚み増しますから、とても良いですね(^^)ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました